身バレ対策がしっかりした歌舞伎町の風俗求人なら安心して働ける

身バレ対策がしっかりした歌舞伎町の風俗求人なら安心して働ける

歌舞伎町の風俗求人の労働時間の上限とは

お腹を触る

コンパニオンに限り、ホテヘル求人の労働時間に上限はありません。お店の営業時間内であれば、何時間でも働くことができます。
コンパニオンがホテヘル店と交わす契約は、業務委託契約と呼ばれるものです。これは事業主同士で結ぶ契約です。事業主と労働者ではありません。業務委託契約に署名捺印したコンパニオンは、個人事業主としてお店の業務にあたることになります。
コンパニオンはお店の社員とは違い、自分で出勤日、出勤時間を決めることになります。店長がコンパニオンに対して、おおしろこうしろと命令を下すことはできません。お願いすることはできますが、社員を相手にするときのように強制するのは不可能です。
コンパニオンにとっての労働時間とは、お客と一緒にいるときの時間です。ホテヘルの事務所や待機所にいるときや、移動中は労働時間になりません。コンパニオンの仕事はお客に性サービスを提供することだけです。パソコンの画面を見ながらキーボードを叩いたり、宣伝用のビラを持って街歩く人に声をかけたりする必要はありません。
出勤時間はコンパニオンの意志で決められます。しかし、労働時間の鍵を握っているのはお店でもコンパニオンでもなくお客です。お客の注文が一件も入らなければ、たとえ出勤したとしても労働時間はゼロのままとなります。